ストラティジー

Webマーケティング/マーケティング・オートメーションの推進



AI革命と導入のはじまったマーケティング・オートメーション
 昨年から俄かに脚光を浴びてきた人工知能AI技術がいよいよ本格的に実用化されつつあり、今年はまさにAI元年になるようにも思います。

 すでにIT系企業ではAIの導入実用化が始まっており、Google Analyticsなどのウェブサイト解析機能やWebマーケティングにおけるマーケティング・オートメーション(MA)といったITテクノロジーが今や大企業だけではなく、多くの中小企業にも浸透してきています。

 特に今中小企業の間で注目の集まっているのは、マーケティング・オートメーションです。これは、最初に導入を始めたのは、主に企業向けの商品を扱う産業(B2B)の形態をとる、ハイテク、ソフトウェア、製造業、ビジネスサービス関連等の分野です。しかし、一般消費者向けの商品を扱う産業(B2C)、例えばヘルスケア、金融サービス、メディアおよびエンターテイメント、販売業を含めたあらゆる分野の企業にも、徐々に普及し始めています。

 マーケティングオートメーションを導入した企業では、顧客との関係を維持しつつ拡大していくために、リアルタイムな関係づくりを軸としたアプローチを行っています。

 そうした意味でも、国内中小企業もこうしたITソリューションをいち早く取り入れた企業が業績を伸ばしていくことは必至と思われます。特にマーケティングオートメーションの導入は、営業面で人材・スキルに乏しい中小企業にとっては、企業の独立性や成長性を維持していくうえでも、今後は導入・活用を真剣に検討していく必要があるように思われます。



当事務所ではマーケティング・オートメーションの中小企業様への導入をサポートしていきます。