ホーム > 死後事務委任契約

死後事務委任契約

おひとり様の葬儀・遺品整理代行~死後事務委任契約~



任意後見人や成年後見人を選任しても、存命中は財産管理や身上介護などの管理はしてもらえますが、亡くなってからはこれらの後見人の契約は切れてしまいますので、亡くなった後の身の周りの処理は誰かに頼まなければなりません。

親は先に亡くなっているし、子供がいれば、当然、彼らにやってもらうことになるのでしょうが、長年独り暮らしで、子供もなく親族・兄弟とも疎遠となっている場合は、なかなか頼むことは難しい場合が多いと思います。

ご自分の最後の始末はご自分で、誰にも迷惑の掛からないようにしたいというのは、人としてこの世に生まれて人としてきちんとしたいというのは、どなたでも思われる自然な気持ちだと思います。

そうした方たちの要望について、今の社会では、自治体などがやってくれると思われるのかもしれませんが、火葬から納骨、遺品整理や健康保険・年金・公共料金の精算、預貯金・不動産・自動車などの遺産の処分等々、やるべきことは山ほどありので、そのすべてをやってもらうことはできません。

「死後事務委任契約」によって、生前、特定の業者にこれらすべての処理を一括して任せることが出来れば、安心してあの世にいけるのではないでしょうか?

当事務所では、「死後事務委任契約」による葬儀・遺品の一括整理代行業務をご紹介しておりますので、お気軽にご相談下さい。

相談料は無料です。

お問い合わせはこちらをクリック!!