インフォメーション

2016年11月 8日 火曜日

高年齢者を雇用している経営者の皆様へ

 高年齢者を雇用している経営者の皆様へ    
   
        

高齢者の方々をさらに活躍する基盤を作り、会社の成長につなげましょう。       
        
  若年者の採用が厳しくなっている中で、これまで以上に経験を積んだ高齢者の方々には      
  より長く働いて頂くことが求められています。      
  国は、65歳以降の継続雇用制度の導入を行った事業主の方へは、手助けの一助として      
  支援(助成金)を行っています。      

100万円のキャッシュフローは2000万円の売上に匹敵します!!      
        
高年齢者の継続雇用制度導入の助成金  (65歳超雇用推進助成金)       
        
             (支給内容)                                      (支給額)
   定年年齢の引き上げ      
  ①  60歳からから65歳に定年引上げ         100万円
  ②-1  60歳からから66歳に定年引上げ      120万円
  ②-2  定年の定めの廃止           120万円

   継続雇用制度の導入(希望者全員)      
  ③  定年後、希望者全員を66歳まで雇用      60万円
  ④  定年後、希望者全員を70歳まで雇用      80万円
        
  <条件>       
        
  ①-1 60歳前から雇用している60歳以上64歳以下の従業員が在籍している。     
  ①-2 雇用保険に1年以上加入している。     
  ② 現在、就業規則が無い会社は申請できません。     
        
* 助成金は、年度の途中でも予算が無くなることがありますので、早めに申請することをお勧めします。       
        
        
年齢者の環境整備のための助成金の一例 (高年齢者雇用安定助成金)      
 
       
  高年齢者活用促進措置    支給対象経費 
① 新分野への進出等    計画策定費・機械設備の購入費・高年齢者に対する講習費・事務所の賃借料・コンサル費等 
② "機械設備の導入等
(作業負担軽減・作業環境改善等)"    計画策定費・機械設備の購入費・改修工事費・高年齢者に対する講習費・機械設備の賃借料・コンサル費等 
③ "雇用管理制度の導入等
(短時間勤務制度・専門職制度等)"    専門家への委託費・コンサル費・ソフトウエア開発費等 
④ "健康管理制度の導入
(人間ドックの導入等)"    専門家への委託費・コンサル費 
⑤ "定年の引上げ等
(60歳以上の引上げ・再雇用制度の導入等)"    "専門家への委託費・コンサル費

(法定超(66歳以上)の雇用制度にした場合、支給対象経費は専門家委託費等の実費にかかわらず100万円となる)" 
       
助成額       
       
支給対象経費額の2/3 と 対象者数(事業所の60歳以上の方)1人につき20万円       
を比較して少ない額      
       
  ※ 建設・製造・医療・介護の分野の事業主は30万円    
             
*注意することは何ですか?       
       
  主には、     
・ 60才以上の従業員がおり、引き続いて雇用の意思があること。     
・ 雇用保険に加入していること。     
・ 所定期間内に会社都合の離職者(解雇)がないこと。     
       
*助成金とは何ですか?       
       
・ 国が行っている雇用保険事業の中で、雇用に関する施策です。     
・ 雇用の維持・社会的弱者の採用・正規社員への転換、教育・育児・介護等について、     
  定められた行為を行った企業に金銭で助成するもの。     

 当事務所では、今般、社会保険労務士と協力して(※)、助成金についてもご対応させていくことになりましたので、お知らせいたします。

ご相談はtax_account@ohno-jp.net または045-482-0313までご連絡ください。

※雇用助成金等厚生労働省関係の助成金は社会保険労務士が独占業務として扱っております。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大埜治仁税理士事務所