インフォメーション

2013年9月25日 水曜日

婚外子の相続分格差の最高裁判所の違憲決定を受けた国税庁が取扱いが公表されました



先日の婚外子の相続分格差の最高裁判所の違憲決定を受けて、昨日24日に国税庁が取扱いを出したところです。

国税庁ホームページによれば、平成25年9月4日付最高裁判所の決定を受け、その趣旨を尊重し、「嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1」とする民法第900条第4号ただし書がないものとして相続税額を計算する際の留意事項として公表されました。

詳細は、以下の国税庁ホームページを参考にしてください。

相続税法における民法第900条第4号ただし書前段の取扱いについて(平成25年9月4日付最高裁判所の決定を受けた対応)
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h25/saikosai_20130904/index.htm



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大埜治仁税理士事務所