事例

2013年9月 9日 月曜日

疑問に感じませんか?・・・会計事務所の顧問料

【.疑問に感じませんか?・・・会計事務所の顧問料】



これまで会計事務所は、税理士法の規制によって、広告活動が一切禁止されてい
たため、企業様は会計事務所を選ぶ場合、客観的な比較がほとんど出来ません
でした。

このため、会計事務所の選択は、知り合いからの紹介が主流でした。

しかし平成14年4月1日、税理士法の改正によりその規制がなくなったため、会計
事務所も広告活動をし、情報開示をするようになってきました。

http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/topics/data/h13/21/01.htm

ところが、いまでも、料金は不明瞭で業務内容も企業様の都合よりは、会計事務
所の都合に合わせて決めているところもあるように思います。

また、企業様の事情により、会計事務所に求めるニーズが変化していくものです。

さらに、リーマンショック以来の不況の影響で、今年に入って安倍政権によるアベ
ノミクスによる景気浮揚の兆しが出てきたものの、依然として中小企業様の経営
状況は、切迫した大変厳しいものとなっていることは、皆様の経営に間近かに接
してきた立場として、身を切る思いでおります。

こうした中で、従来のような割高な顧問料、あり来たりの定型的な顧客サービス
のみで、果たして、われわれ税理士が真にお客様のニーズに応えているのかさ
え疑問です。

当事務所では、こうしたお客様へのサービスに対する疑問やご要望に応えるた
めに、月額5000円からの相談のみのコースから月額1.5万円のインターネット
コースをはじめとした、リーズナブルで明瞭な料金体系を採用しています。

また、料金のみならず、常にお客様の事情に応じた最大限のサービスを心がけ
ております。

今の税理士のサービスや顧問料に疑問や不満をお持ちの会社様、是非、一度、
お見積もりのご相談をしてみてください。可能な限り、ご納得のいく、サービスと
料金をご提示いたします。(料金のお見積もり、ご相談は、すべて、無料です。)

▼詳しくはこちらをご確認下さい

料金一覧表

http://www.ohno-jp.net/cat_1/

★料金体系は、あくまでも、「目安」です。納得のいかない場合は、できる限りご相談に応じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大埜治仁税理士事務所