ホーム > インターネット会計

インターネット会計

インターネット会計のメリット

インターネット会計のメリット

インターネット会計は中小企業の経理のコアです!!

インターネット会計は、従来、紙の帳簿に記帳して、税理士が毎月訪問して行っていた月次監査を、御社でパソコン入力し、インターネットを介して、当事務所に送っていただくことで、業務の効率化と経費節減を図るものです。当事務所では、顧問先の80%以上が導入しています。

※クラウド会計について
 最近、インターネット上のサーバーに自由にアクセスできるクラウド会計が登場してきました。クラウド会計はいつどこからでもアクセスが出来、災害などによるクラッシュ等のリスクを回避するといったメリットがあります。しかし、当事務所では、経理責任について管理が困難であり、誰が書き換えたかについてトラブルのリスクがあることから、当面は従来通り、メールでのご対応とさせていただいております。

  Point 1  経費節減が可能
原則、お客様がパソコンに入力するため、効率的に毎月の経理処理ができ、時間とコストの節減になります。

  Point 2  プロによる、リアルタイムのアドバイスが受けられる
経理キャリア5年以上のスタッフが御社を担当させていただきます。最終的な管理は税理士の指導によって行いますので安心です。ご相談は即日対応を原則としており、状況に応じたプロのアドバイスをすばやく受けることができます。

  Point 3  専任担当制によるダブルチェック・システムで安心
税務会計の処理は、2人の専任担当者が二重にチェックし、処理上のミスを防ぎます。そのうえで、担当税理士が最終的なチェックと問題解決を図ります。
この3人体制のピアチェック・システムで、重要な会計処理を適正に処理いたします。

  Point 4  暗号によるセキュリティーの確保
電子メールは暗号化によりセキュリティーが確保されているので、情報が外部に漏れることはありません。

  Point 5  パソコン操作のサポートも充実
講習会およびメール・電話による、パソコンのサポート体制が確立しています。
操作についてわからないことも、弊事務所にご連絡いただき、その場でスムーズに解決できます。WEBセミナーも無料で受けられます(ユーザー登録が必要です)。費用は原則、月額報酬に含まれます。

対象ソフト:JDLIBEX出納帳・弥生会計


3時間でマスター!!簿記無料レクチャー

当事務所では、簿記がはじめてだが、時間がないという経営者の方のために3時間でマスターできる簿記会計のレクチャーを無料で行っています。

ビジネスをスタートされる当初は開店準備やお客さん周り、銀行への融資手続きその他で猫の手も借りたいほど忙しい時期です。

その時期にきちんと経理処理をしていないといざ決算・税務申告という段になって慌ててもすぐさま処理できずに大変な思いをすることになります。

最近は、クラウド会計などの安価な会計ソフトも登場し、これまで以上に経理も簡単になったと盛んに宣伝しているようですが、「摘要登録」から自動仕訳を生成していくシステムはすでに15年以上前からありました。

当事務所では15年以上前から、インターネット会計により、データの電子メールによるやり取りでクライアント様とデータのやり取りをしてきました。

クラウドシステムは、すでに6、7年前からグーグルのG-Mailなどで始まっていましたが、他社のサーバーにデータを任意に更新していくシステムでは、責任の所在が誰にあるのかでトラブルになるリスクがあるため、メールアプリに過去ログやデータストックが自動蓄積されるメール方式の方が優れているため、クラウド方式は採用しておりません。

いずれにしましても、そうした自計化も含めて、従来より顧問先のお客様については、無償で簿記レクチャーをしてきております。

経理実務はソフトのオペレーションも含めて、簿記学校では習得できないため、3時間の短時間で、会計の理論から記帳の仕方まで、わかり易くご指導しております。

これまでほとんどの初学者の方がたった3時間で実務ができるようになっていますので、自信をもってお奨めします。


インターネット会計の流れ

Step 1
御社のパソコンに、インターネット会計用の会計ソフトをインストール

次へ

Step 2
御社のパソコンで、月々のデータを入力し、当事務所に送信

原始帳簿や伝票の起票はありません。会計データはすべて御社にてパソコン入力していただきます。
入力データは電子メールにて送信、通帳コピーなどは郵送していただきます。
電子メールは暗号化によりセキュリティーが確保されています。

次へ

Step 3
当事務所で、データを確認・追加・修正して、御社に返信

原始記録と突き合わせ、御社に確認の上、追加・訂正の入力を行い、正しいデータにして、電子メールでお返しします。

次へ

Step 4
御社で会計データを保存

次へ

Step 5
電話・メールで税務会計相談

税務会計相談は、基本的に日常のメール・電話にて対応します。
込み入ったご相談の場合は、来所または訪問にて料金の範囲内で承ります。
ただし、顧問契約を締結していない場合や、日常の業務範囲を超える内容のご相談、また特別な調査を要するご相談などにつきましては、別途料金をいただきます。

次へ

Step 6
マンスリー・レポート等で情報をお届け

毎月、経営に役立つ情報を提供しています。
法律改正など、経営にとくに影響がある情報は、その都度お知らせいたします。
そのほか節税のノウハウや経営に関する知識などについても情報を提供いたします。

ご提供する資料 / 対応会計ソフト

  • 月次決算報告書
    (1)試算表(貸借対照表・損益計算書)
    (2)月別売上推移グラフ・月別P/L構成図表
    (3)資金繰り表(ご希望により別途料金にて)
  • 決算時
    年間月次損益計算書・年間月別売上推移グラフ・月別P/L構成図表・CVP分析図表
    ※決算・申告料金は別途料金となります。
  • 御社への訪問
    原則決算時のみ。
    また、原則としてご依頼をいただいたときのみ訪問いたします。
    ※電話・メールでのご相談に限定した、インターネット相談コースもございます。

【JDLIBEX出納帳】
当事務所は、GEEP会員として、JDLIBEXシリーズの、ソフトウェア割引販売サービスも行っています。JDL財務アプリケーションソフト「JDLIBEX出納帳9」定価 60,900円を45,000円でご提供しております。
初期の導入指導は無償です。その後の月次監査・指導は、月額12,000 円(法人の場合)からお受けいたします。処理内容・ボリューム等により報酬基準に基づいて、ご相談のうえ決めさせていただきます。

【弥生】会計シリーズ
当事務所は、弥生PAP会員として、弥生会計シリーズのソフトウェア割引販売サービスも行っています。

料金プラン

Plan 1 インターネットコース 12,000円~
Plan 1 インターネットコース 12,000円~
  • インターネット会計による月次監査
  • 電話・メールによる税務会計相談
  • マンスリー・レポート等による情報提供
  • 訪問(原則決算時のみ)
  • 決算・申告料金は別途承ります。
  • 月々100仕訳まで 12,600円(消費税込)
  • 追加10仕訳ごと 1,050円(消費税込)
Plan 2 インターネット相談コース 5,000円~
Plan 2 インターネット相談コース 5,000円~
  • 電話・メールでの、日常的な法人事業に関する税務会計のご相談
    (帳簿の入力チェックと月次監査報告はありません)
  • 訪問(原則決算時のみ)
  • 決算・申告料金は別途承ります。
  • 基本料金:日常的な法人事業に関する税務会計のご相談 5,250円(消費税込)
  • 平時の訪問 出張別料金半日5,000~1万円以内、移動時間・交通費を含む
  • 特別に調査研究を必要とするご相談 別途料金

>>その他の顧問料(月次監査料金)については、こちらをご覧下さい。